おじいちゃんのおじいちゃんの…

■昨日も一昨日も、ブログで絵本のことを話題にした。今日もそう。
■僕の好きな絵本の一つに「おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん」という本がある。いま最も華々しく活躍中の絵本作家の一人にあげられる長谷川義史さんのデビュー作だ。
■幼稚園たんぽぽぐみにかよう5歳の「ぼく」が「ねえ、おじいちゃん。おじいちゃんのおじいちゃんて、どんなひと?」という素朴な疑問から、時空を越えたルーツ探求の旅にでるという内容だ。