おもしろい!

■出先にて、撮影の合間に本を読んでいる。
■「人はなぜ花を愛でるのか」八坂書房。
■考古学、文化人類学、民俗学、美術史などを専攻する8名のパネラーによるシンポジウムを基にした短論文集だが、これが面白い。
■古くは「ネアンデルタール人は葬送で花を供えたか?」から、「東アジアの花食文化」まで、古今東西の人と花との関わりに関する様々な事例と考察が紹介される。
■2/3ほど読んだが、読み進めるのが楽しみだ。読めば読むほど「ヒトって、不思議」と思える。
■そもそも「人はなぜ花を愛でる?」という問いかけをすること自体が、ヒトというイキモノの摩訶不思議なんだよなぁ。