おもったこと

■“忙しくないとダメ”思い込み症候群から脱却しよう。「生きている」という具体的観点から、「忙しい」ということの問い返しをしてみよう。どうも、忙しいということについて、ある種病的な先入観に侵されている自分の日常を感じる。