そのものを慈しむ

ついでに、今日はもう一本投稿だ! どうでもいい投稿だ!

今日のNHK朝ドラ「ひよっこ」の、みねこ・ちよこ・すすむがふざけ合いながら谷田部家へ歩いて行くロングショットのカットは、素晴らしかった。

物語の舞台そのものを丸ごと慈しむような、ゆったりとしたサイズ(パースペクティブ)と滑らかなパン。映像に添えられた音は、みねこたちの他愛もない掛け合いのセリフ以外は、小鳥の声、カエルの声、秋の虫の声、そして秋桜を揺らす風の音だけ。セリフが終わってからも続く数秒のパンの、深い深い余韻の味わい。そしてまた、カエルの声。

前後のシーンとの兼ね合いでことさらに印象深かったということはあるにせよ、朝ドラでああいう味わいのあるショットやカットはいままで観た記憶がほとんどない。たかが朝の15分ドラマ、されど、されど。いいものを観た。ああいう映像なら何度でも観たいぞ。で、さっき、録画をもう一度観たぞ。笑

今日の回をまだ観ていない方は、お見逃がしなく!

(写真も、ああいう「そのものを慈しむようなショット」を撮ったらいいんだよな、きっと)

・・・・・・

さっきFacebookのメッセンジャー経由で、ある演奏家の方から本当に素敵な提案をいただいた。5年前に東京のある場所で一度だけ会ったことのある方。来年の早春、札幌でのある催しについてのご提案。実現するといい。本当に、いい。