もろもろ(3/28~3/30)

■28日
長沼町の絵本や「ぽこぺん」で写真展の搬入。ぽこぺんは、丘の上に立つかわいい一軒家。その2階のフリースペースが今回の『森のいのち』原画写真展の会場だ。
そもそもがこじんまりとした家屋だから、その2階スペースも、写真展会場としては決して広くはない。しかし、雰囲気が抜群に良い。また、場の建築的形状が、作品の陳列順序との間で、ほぼ奇跡ともいえるようなある”効果”を生み出し、これまでの『森のいのち』展にはなかった不思議な感動を味わえる展示になった。