もろもろ

■ここのところのできごと。どどっと書いておきます。
■苫小牧でのスライドトーク。樹林気功とのコラボ。新鮮な体験。そしてじつに気持ちがよかった(気功が)。ぜひまた気功とのコラボ実現したいなぁ。企画し主催して下さった方々に感謝!
■FM Air-G’のイベントにまたお招き頂いた。25日に札幌で。その告知がすでに番組内でオンエアされているそうだ。何人かの方々から「ラジオで名前聞いたよ!」と声をかけられた。
■札幌で知人のお見舞い。痩せてしまって…。一日も早い快復を心から祈る。
■父の遺言書の関係で世話になっている弁護士の事務所での待ち時間、事務所の書棚に興味深い本があって、それをこっそり読んでいたら、その書中に、こんどNPO活動のほうで一緒に仕事をする予定の知り合いが出ていた。おまけにその本、書棚に同じものが2冊あり、弁護士先生「一冊もっていっていいですよ」と。嬉しい!NPOの蔵書第一号にしよう!
■札幌、石狩、北広島などで、NPO活動に関する実に有意義な出会いと体験をさせていただいた。わくわくした刺激に満ちた、得難い経験。関係者の皆様、本当に有り難うございました。この場を借りてお礼を。
■長女の担任が発行する学級通信、担任の個性が伝わるなかなかよい通信なのだが、最新のものに書いてあった学級の様子を読んで、子どもたちの生き生きとした様子が知れるとともに、担任が子どもたちを信頼し、じっと“見守っている”ようすがよく伝わってきて、嬉しいのと、安堵するのと。
■自戒を込めてだが、子育て/教育のキモは「大人が子どもをどれだけじっと見守ることができるかどうか」だと強く思う。大人が、自分の内外の“子どもを駆り立てたがる欲求(力)”をいかに丁寧に抑止し、場合に応じてそれからいかに距離を置くことができるか。
■これって、とてもとても難しことなのだけれど…。事実、駆り立てるのはじつに楽だし、そのための手段は、世の中に満ち満ちている。
■子どもとともに居て、そっと見守っていてくれるA先生。どうぞどうぞ、これからも大切な子らをよろしく。