マイタケ

■今朝、撮影のついでに、おととしマイタケを見つけた場所を覗いてみた。すでに季節外れではあるが、一応確認。
■去年は、ちょうどいい頃あいに覗いてみたけれど、まったく出た様子がなかった。もしかしたら今年は出るかもしれないな…とずっと気にかけていたのだけれど、残念ながら今年の秋は本州の取材や仕事が重なり阿寒へはこれなかったので、確かめようがなかった。
■さて、今年はどうだったのかな?枯れたミズナラの根元を覗き込む。
■げげ!そこには、すでに真っ黒く干からびてはいるが、あきらかに巨大なキノコ株が!匂いをかいで見ると、ああ、間違いない、それは芳しいマイタケの香り…。うーん、出てたのね…。
■本州のブナ林でわずかばかりのムキタケとブナハリに舌鼓を打っているいる間に、まんまと巨大なマイタケを逃していたというわけだ…。