ヴィルヘルム・ハンマースホイと小栗康平

■たったいま、NHK「新日曜美術館~誰もいない部屋こそ美しい/北欧の画家・ハンマースホイ」を観終えました。
■100年前にデンマークで制作を重ねた画家。その徹底して静かな眼差しに貫かれた作品たちに、文字通り、息を呑みつつ見入ってしまいました。
■彼の作品がどのようなものかについての詳細は、長くなりそうなので、ここには書きません。
■しかし、こうした個性的な画家(←これ、究極の矛盾を孕んだ言い方かもしれませんけど…笑)の美意識や世界観に触れると、やはり「画家って、すげえなぁ…」と、戦慄に近い感慨を覚えます。特に、彼の愛用していたパレットの映像が出て来たときには、なんだかふるふるっと身震いする思いでした。
■そして、この番組ではさらに良かったことが。それは、それらの作品を解説(解釈)する映画監督・小栗康平氏のことばに触れられたことでした。
(じつは、そもそもこの番組を観ようと思ったのは、今朝新聞の番組欄に小さく書かれていた「沈黙の絵画」ということばと、その横に添えられていた「小栗康平」という名前を見つけたからでした…)
■動かないこと。動かないものごとを見つめること。または、”見る”という行為そのもの。そして、その行為なかで人の思いの中に立ち昇ってくる、”在る”ということへの感慨。または、”在る”ということ自体の本性、また、意味。
■ハンマースホイの絵自体ももちろん良かったのだけれど、小栗氏のことばは、もうそれはそれですでに独立した思想(小栗節?)として、ずんずんと僕の胸に迫ってきました。
■僕はそれに逐一、はっと気づかされ、深く納得させられ、また、励まされ、鼓舞され。
■しまいに、小栗氏が「”見る”という事について、例えば林のなかで佇んでいる人のことを考えてみましょう。」と言い及んだときには、一昨日まで森の撮影行に出かけていた僕はもう、胸中で「ああ…」という、解放とも安息ともつかない、深い深い溜息を吐いていました。
■今夜また同じ番組の再放送があるので、録画しよう、と。
081112-14_02.jpg
写真は、カバの倒木に生えたツリガネタケ。