前タイトルの続き(未公開)

■さて僕は、それらの人々の思いの”質量”、また、その「場」とそこに集う人々が醸す空気の”濃度”と充分に測りあえるだけの活動をその「場」において出来ているだろうか――。ゲスト然、表現者然としながら、単に上っ面だけの、質感に乏しいパフォーマンスでお茶を濁してやいないだろうか――。
■その「場」が素敵なものであればあるだけ、いつも心配になる。僕は僕として、自分が創るべきものを誠意を込めて創り、差し出すべきものを過不足なく差し出しているだろうか。
■考えすぎれば逆に純度が下がって酷い結果に終わることは経験済みだ。だが、