原稿/テレビ/出張

■昨日は一日掛けて「道徳ジャーナル」(学研)への寄稿文章の推敲をした。何とか5000字まで削ったけれど、あと200字くらいは削らなくてはならない。うーん…。
■今日は、またしても丸一日かけて、来週より開講になる「かちまいアカデミー」写真講座のレジュメづくり。
■作文にしろ、レジュメづくりにしろ、上手に人にものごとを伝えるのって、大変だ…。
■夕方、長女が通う学童保育所へお迎えにいったら、学童の指導員さんに「お父さん、みましたよ!」と声をかけられた。
■7月4日に放送されたSTV「D!アンビシャス」のことだ。「お父さん、いろんな活動されているんですねー!」と。
■その他、自宅のお向かいさんや知人など何人もの方々からも。
■事前にお知らせしていなかった方は「偶然TVをつけていたら…」という場合が多い。
■きっと僕の知らないところでいろんな方に見ていただいたのだなぁ…と、テレビの影響力の大きさに改めて驚く。
■さて、あす深夜から関西方面へ出張だ。暑いのかなぁ。でも、楽しみだ。
■今日は高知でいつもお世話になっているFさんから電話があり「申請していた助成金がもらえることになり、また小寺さんを高知に呼べます。日程は11月で決定です」と連絡が。
■ということで、また四国・高知へ行きますよ!
■しかし、今回もまた慌ただしい日程になりそう。高知の予定の前後もすでにいろいろと計画があるので、あまり長い日数四国滞在できなさそうだ。
■高松、善通寺、徳島、松山、内子…寄りたいところ、また会いたい人たちはたくさんいるのだけれど…。