家族写真

■昨夜自宅に戻り、久々に我が家の布団でゆっくり寝た。
■が、連日の講演仕事の疲れはそうそう簡単に取れるもんじゃない。じつに寒い朝だったということもあり、布団から出るのが嫌でしばらく惰眠をむさぼっていた。
■でも、今日は休日。子ども達は黙ってはいない。「おーとーちゃーん!」と、朝6時半から馬乗りだ。
■渋々起きて、皆で朝食。
■今日の午前中は、毎年恒例の「家族写真」撮影をおこなう。
■じつは、僕ら夫婦が入籍した際の結婚報告ハガキ以来約10年、年賀などに載せる家族写真はずっと同じ場所で“定点撮影”をしてきた。芽室町内にあるとある林の一角だ。
■この秋一番だろうと思われる寒さのなか、娘達とともに今年もその場所へ向かう。すっかり枯れ落ちた落ち葉を踏みしめながら、目印の木の下へ。そして、10年前の写真と見比べながら、今年もまた同じアングル、同じ画角で写真を撮る。
■毎年のことなのだけれど、この場所に来るたびにいつも「この恒例の写真を家族そろって撮影できるのは、あと何年くらいのことなのかな…」と思う。