我が子を撮る

■今日は町内の保育園の親子遠足で、オマケ企画「我が子を撮る写真教室」の講師をさせてもらってきました。
■帯広郊外にある農業系の大学のキャンパスをのんびり散歩しながら、子ども達のようすをお母さん・お父さんが撮ります。
■アングルの決め方やシャッターチャンスの待ち方などをごく簡単にアドバイスしたのですが、お散歩終了後に見せてもらったそれぞれの写真には、おお!と声をあげたくなるようなステキな写真がいくつも。
■子ども達の最高の笑顔をドンピシャリのタイミングで押さえたショットや、牛や馬に恐る恐る近づく年少児の神妙な表情、青空の下を駆け回る躍動的なシーンなど、名作の数々が。
■本当は、撮った写真をセレクトしてプリントアウトし、その場で「写真絵日記」を作ろう!という企画だったのですが、お散歩がとても充実した為か、時間が足りなくなってしまって、急遽スライド上映企画に変更。
■その点はなんだか申し訳なかったのですけれど(絵日記作りは後日園でやることに…)、でも、なにより、抜けるような青空・燦燦と降り注ぐ太陽の下で楽しくお散歩できたので、それが何より!でした。