札幌3日間

■本州から戻ってすぐ、今度は札幌へ3日間。なかなか溜まった仕事が片付かず、HPの更新も全く出来ない…。困った…。
■今回の札幌行きのメインの用事は、所属する写真家NPOの合同企画写真展の前日レセプションと初日への出席。北海道で活躍する写真家数十名の作品が一同に会する、大規模な展示だ。
■総計200枚を超える写真のうち、小寺作品は8枚。僕の作品はあまり汎用性のない写真ばかりだからだろうか、何面にもわたる広い展示壁面のなかで、一箇所にまとめて展示されていた。さながら「小寺コーナー」のような感じだ。
■しかし、困ったことが一つ。じつは、プリントの色がかなり悪いのだ。僕の欲しい色調が全く出ていない。うーん、これは、大いに焦る。もちろんその場で、展示担当さんに再プリントを依頼した。
■当然のことながら、本来ならば事前に作者が厳密なプリント状態のチェックしてから展示に望むべきなのだが、今回は、準備スケジュールが当初からかなりタイトで、その上、参加作家が数十名を超えるために各々プリントチェックをしていたら会期に間に合わない、などの諸事情が重なった為に、プリント作業は主催者に一任し、作者によるチェックは行わないという方針で写真展をスタートさせる事になっていた。
■でも、それではいけないのだ、と、つくづく痛感してしまった。色見本をつけたのにも関わらず、あの状態のプリントが仕上がってこようとは想像もしていなかったけれど…。
■どうぞ、そのあたりの事情を差し引いて、作品をご覧頂ければ幸いです。札幌市のモエレ沼公園の「ガラスのピラミッド」内で9月9日まで行われています。なお、9月1日に会場で行われる写真家・水越武氏と学者・小野有五氏(コーディネーター:写真家・大橋弘一氏)の記念対談は必見・必聴です。