秋田・二ツ井より-2

070615shida.jpg

二ツ井町の隣、藤里町を車で走る。
白神山地の麓、清流・藤琴川沿いに開けた、静かな農村だ。
車窓の下を流れる川面が、日に照らされてきらきらと輝いている。
緑柔らかな稲の早苗の間に、身じろぎもせずに佇むアオサギ。
この何とも言えずのどかな町で、しかし、
あのような悲しい事件が起きようとは、
この近隣に住む誰しもが想像だにしなかったに違いない。
事件の現場になった集落の横を通り過ぎる。
犠牲になった子らが日ごろ遊んでいたであろう公園の向こうに、
ワイドショーですっかり見慣らされた住宅が軒を連ねている。
当時、大変な数のマスコミが列挙して訪れ、
醜悪な取材合戦を繰り広げていたであろう現場は、
今はまるで何事も無かったかのように平静を湛えていた。
ただ、その集落の入り口に置かれた
「関係者以外立ち入らないでください。大変迷惑しています。」の
張り紙をしたバリケードだけが、
この閑静な農村が経験したやり場の無い痛みを
そっと代弁しているかのようだった。
藤琴橋を渡り、白神へ向けて車を走らせる。
緑の山並みの上に、ぷかりと白い雲が浮いている。
その空の青さがこの上なく爽やかな分だけ、
なんだか余計に切ない気持ちがこみ上げてきてしまった。
-------------------------------
写真は、二ツ井のスギ林のシダ。