秋田・森吉山より

070619ginryoso.jpg

秋田の森吉山で撮影をしている。
クマゲラ生息地の南限といわれるブナ原生林が広がる山麓を、一日中歩く。いかんせん連日驚くほどの晴天続きで、撮影自体はどうも単調になりがちで思わしくない。
しかし、静かな原生林はすばらしい。樹齢数百年を数えるブナやミズナラの巨木がそんそんと立ち並び、その下には、それらをマザートゥリーとする若い木々がしなやかに伸びている。
ブナの落ち葉が敷き詰められた木陰に腰を下ろす。木漏れ日がきらきらとまぶしい。緑の梢を吹き抜けてゆく風が、歩き詰めで火照った身体を冷やしてくれる。
風に耳を澄ます。ととととと…。遠くでキツツキのドラミングが響いた。クマゲラだろうか。姿は見えないけれど、あの真っ黒な体、愛嬌のある顔立ちを思い浮かべながら、森吉のクマゲラとの空想上の対面を楽しんだ。
-------------------------------
写真はブナ林に咲くギンリョウソウ。