表彰

■長女が学校から持って帰ってきた学年通信に、我が町の「文化・スポーツ賞」の推薦受付のお知らせが掲載されていた。
■表彰基準は、以下の通り。
・全道や全国規模の文化大会もしくは各種スポーツ大会において入賞
・全十勝規模の文化大会もしくは各種スポーツ大会において優勝(または最優秀賞または金賞)
■なるほど、表彰の条件は、すでに表彰されていること、か。
■じつに分かりやすい。いいじゃないか。
■なるほど、「表彰されたことを表彰しましょう」というのが、文化とスポーツに対する我が町の思い・眼差しの一端なのかもしれぬ。
■じつに分かりやすい。いいじゃないか。
■しかし…すでに表彰されているべきとされる大会の規模に、軒並み「全…」と冠されてあるのが、なぜだか気にかかる。
■北海道十勝管内芽室町にとっての「全道」もしくは「全国」もしくは「全十勝」とは。
■ここから見えるのは、「全」である大きな存在に対し、その「部分」であるところの我が芽室町、という図式だ。
■つまりは、己を包括するより大きな存在の意思決定を是認し受け入れることが第一で、己の頭で判断するのは、まあ、その後で必要があれば――ということか。
■これもまた、じつに分かりやすい。
■が、分かりやすいだけに、ひねくれた僕には、その分かりやすさというものが、こと「文化」に関わることだけに、どうしても気にかかるのである。