諸々忙しく…

■ここ2~3日のあいだはもっぱら、3月に札幌で行う写真展の準備、資材の手配など細々した仕事に忙殺されている。
■その合間に、昨日の午前中は、町公民館で町内の子育てネットワークの仲間と会議。
■6月に町内で開催予定の子育て講演イベントの第1回企画会議。まずは「何のためにこのイベントを持つのか」というコンセプトのところから。なかなかいい話し合いが出来た。
■若いお母さん世代ばかりが中心メンバーになってしまいがちなこういう話し合いの場に、今回は、僕も含めて3名の30代男性の参加があった。これは、それ自体で大いに価値あること。今後の展開が楽しみだ。「子育て・まちづくり」の動きの中に、もっと男性を。
■会議の後、午後、帯広市内の企画会社P社で、P社が発行するアート情報誌の取材を受ける。
■その後、いつも世話になっているカメラマンSさんのところに寄り、最近の仕事事情などおしゃべり。
■Sさんは主に学校のアルバム写真を中心に仕事をしているが、子供の絶対数の減少、学校の統廃合、また同業者内でのパイの奪い合いと価格競争で、なかなか厳しそう。
■どの業種・業態でもそうだと思うのだけれど、僕も含めた中小の自営業は、まだまだこの先も”踏ん張りどころ”がずっと続く。先日京都で世話になった書店さんの「書店仲間がどんどん廃業していくんだよね…」というお話も、切実なものだった。いろいろ考える事が多い。