野菜/お友達/町内会

■午前中、町の野菜直売所でいくつか「十勝らしい野菜」を仕入れた。12月12日に高松で行われるワークショップ「たべもの写真絵本を作ろう!」で使うためだ。
■当日参加してくれる子どもたちのサプライズのために、あえてここには何を買ったかは書かないが(そんなにもったいぶるような野菜でもないのだけど…)、家でその野菜をしげしげ見つめていたら、その美しさに「あー、やっぱり美味いものはキレイだよなー」と、手前勝手に納得してしまった。
■午後は、小1の長女の一番のお友達Mちゃんが遊びにきた。玄関のチャイムがなるなり、待ちわびていた長女はもう興奮の絶頂!で、2歳の妹も、姉につられて一気にハイテンション!
■ぎゃんぎゃんとはしゃぎ回ってはゲタゲタと笑い転げる。で、姉たちの激しい動きについていけない妹は、悔しくて、びやーびやーと泣く。
■う、うるさい…。でも、いいな、こういう「剥き出し状態」。うるさいんだけど、一方で「こうでなくちゃ…」と、ほっとする。
■三時のおやつにパウンドケーキを焼く。ほんとは長女とMちゃんにも粉ふるいやバナナカットの役割があったのだが、いまだ興奮さめやらぬ彼女らには、ケーキ作りなど眼中にないらしく「やらなーい!」とそっけなくふられてしまった。
■しかたなく、かたわらでぐずっている次女を急遽リクルートして、労働してもらった。次女にとっては初めてのケーキ作りだ。異様なほど真剣な面持ちで生地を混ぜている。がんばれ、がんばれ、おいしくなぁれ!
■Mちゃんが帰り、娘たちとともに一息ついた後、僕は、今日最大の大仕事へ。町内会の役員会だ。
■議題は、新年会のこと、そして、「神社費」について。もちろん大仕事というのは、神社費のほう。
■一昨年から総会の度毎に意見を出してきた問題を、今日の会合でも議題に挙げていただけるという事で、あらためて他の役員さんたちの前で見解を述べてきた。
■そこで話し合われた内容の詳細は、ここには書かない。ただ、この一件が一筋縄ではいかないことなのだと改めて認識を深めることができた事に関しては、とても有意義な時間だった。
■でも、やはり、わざわざ余計なことを言って、生じさせなくてもよかったはずの混乱を生じさせているんだろうな…。もちろんその自覚はしています。