鈴木健著『なめらかな社会とその敵』

前回の日記で、気分に流されるまま「しんどさ云々」とヘンなことを書いたのだけど、今日、内田樹氏のブログを見たら、こんな本が紹介されていました。
鈴木健・著『なめらかな社会とその敵』勁草書房 2013年
HPで目次をみただけで、絶対に読みたくなりました。
「昨日の今日」のことなので、あまりのタイミングの良さに笑ってしまいますが(僕はこういう「不可思議なシンクロ」を過剰にありがたがらない方です)、でも、知れて良かった。
図書館にリクエストしようと思います。