麦感祭

■今日は朝から音更へ。西中音更のたけなかファームさんを会場に行われた「麦感祭」に子どもたち二人と参加。
■小麦生産日本一の音更町。小麦収穫を終えた小麦畑で、小麦の収穫を感謝し、小麦を味わい、小麦で遊び、小麦のことを考えよう、というイベント。
■麦桿ロール転がし、小麦筆を使った音更高校書道ガールたちのパフォーマンス、トラクター試乗など、とても楽しい!
■そして、小麦の試食コーナーが最高!
■まさに「その場」(たけなかファームさんなど音更の農場)でとれた小麦をつかった料理の数々。パンやピザ(満寿屋パン)、手打ちうどん、まる麦のリゾットやサラダ、そして、本物の”ストロー=麦わら”でちゅうーっと飲む麦茶。
■麦畑の中で、麦わらでこしらえた「麦わら椅子」に腰掛けながら、そこでとれた麦を食う。なんという贅沢!その横で、子どもたちが麦わらロールに乗っかって、きゃっきゃと遊んでいる。
■うーん、何とも言えない幸せを感じました。
■あと、以前お世話になった知人や友人たちと久々に会えたのも嬉しかった!「あ、このひととあのひとは、こういう風につながってたのかー!」と発見も。
■そして、今回このイベントに参加した最大の要因である、音更出身のシンガー・流(ながれ)さんのライブ。素敵な時間でした。
流さんの公式ブログ
『クウ・ネル・ウタウ♪流日記』

http://nagare.us/


■じつはうちの娘たち、今年に入ってから2度、流さんのライブに参加して、すっかり流さんの大大大ファンに。
■この「麦感祭」で流さんのライブが行われるとの情報を得るやいなや、娘たち、麦感祭が何たるかも全くわからぬくせに「そのお祭り、絶対にいくー!」と。ほんと、好きなんです。
■もちろん、僕もカミさんも、流さんが大好き。
■声の良さ、歌のうまさはもちろん(伸びやかでほんとにスバラシい)、とにかく流行さんが書く楽曲がどれも良くて、その詩と曲から伝わってくる流さんの優しい力強さに、励まされ、楽しさ・嬉しさをいっぱいもらい、時には切なさで胸をちりりと焦がされる。
■十勝が、いや、北海道が誇る素晴らしい”歌うたい”だと思います。
■長女は先日、思い溢れて、流さんにファンレターを出しました。3年生なりに、一生懸命ことばを紡いで。
■で、その後流さんから信じられないくらい嬉しい嬉しいあるリアクションをしていただき、さらにさらにファン度が深まった長女。
■今日は、ライブが始まる前から、流さんの姿を見付けてはニヤニヤしながら近づいて行き、半ば”ストーカー”状態の娘たちでした。
■そんな娘たちに「あ。あなたファンレターくれた○○ちゃんですか?」と、しっかり長女のことを覚えていてくれた流さん。これにはもう、長女のニヤニヤは最高潮。よかったねー。
■ライブも、ライブ後の流さんとの交流も十二分に満喫した娘たちと、その娘たちの幸せそうな姿に、さらなる幸せの積み増しをさせていただいた父でした。
■とにかく、このお祭り、とってもよかった。
■美味しい食べ物と、気持ちのいい歌と、笑顔で集う素敵な人たち。大地の上で。ああ、なんて幸せなんでしょう。
■そして、もしもこの北海道で何らかの取り返しのつかない「事故」が起き、生産者が精魂込めて作った美味しいはずの食べ物が理不尽に汚染され、あげく流通も食べることも制限され、また、人びとの日常を彩っていた歌は奪われ、地域や人の繋がりもずたずたに切り裂かれてしまったとしたら…と考えると、なおさら、この幸せなひと時が愛おしく思え、また、その幸せを保つためにいますべきことをしっかり考えなきゃなぁ…と思わされます。
20110817_0012__DSC5563.jpg
20110817_0025__DSC5602.jpg
写真は「麦感祭」とは無関係…
アカエゾマツの森とハイマツの芽生え。
今月中旬撮影。