DIY

■昨日と今日は、某所でDIY家具作り。先に購入していた大判プリンタやラミネータを設置する為のスタンドや、畳一枚分くらいある広い作業台などなどいくつかを、2x4SPF材やランバーコア材などで作った。
■10年前に札幌から新得へ持ってきてそのままにしていた会議机の天板やちゃぶ台の天板も活用。「ゴミ」になるべきものが、役に立った。捨てないでおいてよかった…。
■それにしても2x4材は便利だ。ノコと差し金、ネジとインパクトドライバがあれば、設計図さえちょちょっと書ければ、あっという間にそれなりの構造物が出来てしまう。しかも、安い。
■しかし、安さの理由は、その材が輸入材だからだ。北米産のSPFだろう。そこのところを、些細な事などとは言わず、考えなくてはいけない。
■日本の「森林環境」のことを本気で考えるならば、道内産のカラマツや国産杉材などを使うべきなのだが…。
■と、日々、なにかにつけて言い訳をしながら、生きている。
■いや、やはり、今度なにか作るときには道内産カラマツ材を探そう。
■そんな、普段見えてきにくいこと、考えずに済ましてしまっていることが見えてくるのも、木工に限らずDIY=Do It Yourself、つまり”自分でやってみること”の大事な効能かもしれない。
■できれば、食べ物作りもDIY、子育てもDIY、自分の暮らしやいのちに関わること(平和もね…)の多くのことをDIYでいきたいものだと常々思っている(本来これを”百姓”という。いいことばだ)。
■でもやりたいこと全部をDIYでやっていたら、写真家稼業が成立たず。悩み多きこの頃…。