不定期日記

北海道新聞森貴子記者渾身の記事

 ぼくは昨日、撮影地で思い巡らした実体験にもとづく雑感を、マグマに言及する文章として自分のFacebookページに投稿しました。 すると、なんと奇しくも、今朝2/13付の北海道新聞2面に、「闘いは終わらない」と題する、東京報道センター部次長・森貴子記者によるまさに“マグマ”のような論考が掲載されました。

 記者の魂、というか、一人の人間の熱い生き血がほとばしり出るような文章です。 メディアで、こういう血の通った記事こそが、ぼくは読みたい。

 今すぐにでも広くシェアしたいと思うのですが、道新公式サイトでは定期購読者のみの限定公開扱いになっているために、現状ではそれもかないません。ご法度の「無許可で紙面の写メ晒し」という手も、ないわけではないのですけど……。

  先ほど道新(森記者)宛に記事への感想と、シェア許諾をもとめるメールを送信したのですが、きっと、なかなか難しいでしょうね。 北海道にお住いの方は、ぜひともどこかで今朝の朝刊を一部入手なさって、当該記事、お読みくださいね。

北海道新聞どうしん電子版 https://www.hokkaido-np.co.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA