不定期日記

家にとどまり、

人間。人の間で生きる生き物。

動物。動く生き物。

つまり、人の間、すなわち「関係の中」で、動くことでしか生を維持できない生き物がわたしたち。

その生き物としての本性(宿命)の中でなんとか形作ってきた生物集団としてのeconomy(経済のやりくり)とecology(生態)のバランス。

その在り方が、“生き物のような生き物でないような”存在であるウイルスによって、根底から問われている。

eco-の語源はギリシャ語の「oikos/家」だという。-nomyは同じくギリシャ語「nomia/秩序・ルール」、-logyは「logos/言葉・学問」なのだそう。

「人の間で動き回ってはならぬ」という、いきもの人間にとっての本質的矛盾を、あえて言葉にして自らに対し宣言しなきゃならないこの事態。

ひととき家にとどまって、これから先に本当に必要となっていく新しい時代の秩序(やりくりの仕方)を自らに問い、そこからしっかり学べ、ということなのかな。

……と、下らないこじつけことば遊びなどしている場合ではない、とは思うのですが、でも、ついこんなことばかり考えてしまいます。

ああ、外は風が強いなぁ。さっき干した洗濯物がいくつか吹っ飛んだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA