不定期日記

思惟の身体

何としても語や言葉は、〈略〉思惟の着物ではなくて、思惟の徴表または思惟の身体とならねばならない。” M.メルロー=ポンティ「知覚の現象学」みすず書房、竹内芳郎・小木貞孝訳より

おうっ!
いま、五臓六腑にズンとくることばだなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA